プロフ具体例まとめて比較

広く浅くVS狭く深く

同じ意味でも、書き方次第では全く印象が違う事ってあるんです。
プロフ的な質問をされた時、あなたをイメージしやすいようにしましょう。あくまでも例です。

休みは何している?
a.「休みの日はずっと家にいます。」
b.「休みの日は読書かな。マンガから小説も読みます。」
c.「休みは家にいる事も多いけど、ドライブで○○へ行ったり・・・」

aでは何か暗すぎるイメージになってしまい、話題を作れません。
同じ家にいるのでも、具体的に趣味を書きましょう。

お仕事は?
a.「普通の会社員です。」
b.「薬品関係の会社で働いています。」
c.「自動車メーカーの下請けの会社で部品を作ってるんだ。」

会社員、サラリーマンと言われても大体の人がそうです。
○○関係の仕事と答えた方が印象が違います。
夢をもってバイトをしていてもフリーターでは現実的な女性にとって印象が落ちますから。

どんな性格?
a.「無口なタイプでしゃべるのが苦手です。」
b.「熱中しやすいタイプですね。」
c.「趣味に熱中しやすい性格で、いつもね・・・」

しゃべるのが苦手と言われると相手も切り口が難しくなります。
bのように言えば、物事に熱中した事のない人なんていませんし、印象もよくなり、どんなものが好きなのかを書けばよいでしょう。
明るい性格だという場合も、どんなふうに明るいのかを言えばよりイメージされやすくなります。

趣味は?
a.「音楽鑑賞。」
b.「ジャズやクラシックを聴きます。落ち着くんですよ♪」
c.「ミスチル、B'z、EXILEをよく聴きます。ライブもよく行くよ!」

aのように音楽鑑賞だけでは興味を持てません。
bのように少々マニアックにはなりますが、もしそれに合う相手がいれば、急速に仲良くなりやすくなるでしょう。

結論
プロフィールは話してみたいとイメージしやすい話題が大切フ
なので始めは基本的には広く、女性が好みそうな話題を書く事です。
少々マニアックになっても、ピンポイントで合う人がみつかる場合もありますが・・・確率は落ちます。

イククル安心!簡単!即アポ!
手っ取り早く出会う
業界最大手出会い系




効果的なファーストメール
掲示板の書き方
プロフィールを比較

出会い系サイト比較